×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


天才柳沢教授の生活(20)

まだ大学生の柳沢教授。
戦災孤児を集め、柳沢流教育が展開されていく。
道路は右端を歩き、横断歩道以外で道を渡らない。
安くてうまい“あじの開き”のためなら、足を棒にしても歩きつづける。
本書は、Y大経済学部教授柳沢良則の克明で愉快な記録である。
ベルダンディーたちと離ればなれになってしまった螢一は、榊原志保(さかきばらしほ)に捕らえられていた長谷川を救い出し、一緒に沙夜子の元へと向かう――。
一方、眠らされ捕まってしまったベルダンディーに模型部のエロい魔の手が忍び寄っていた!!ある日、突然かかってきた電話は神さまからで、時間管理プログラムに問題が起きたという。
そのためウルドとスクルドは大至急、神の世界に戻ることになった。
思いがけない二人きりのシチュエーションに喜ぶ螢一だったが、二人の前にベルダンディーのことをよく知っているという謎の少年が現れた! しかし、ベルダンディーはその少年のことを覚えていないらしく……。
万次(まんじ)、拉致監禁! 空前の生体実験が始まる――。
壊滅的打撃を受けた逸刀流(いっとうりゅう)は、冬の決起を期し、地下に潜伏。
一方、番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)の手に落ちた万次は、地下牢に幽閉される。
その目的とは一体――? 万次の不死をめぐって蠢(うごめ)く群像劇、核心へ!公儀御様御用斬首人(こうぎおためしごようざんしゅにん)・山田浅右衛門吉寛(やまだあさえもんよしひろ)、人呼んで“首斬り浅”登場――。
 万次(まんじ)を地下牢に幽閉した番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)の目的は、不死の秘法を医学的に解明し、これを実用とすることであった! 不死身の肉体を巡る物語は、男達の野心と思惑が交錯する[極限の密室劇]へと突入する……!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60017929