×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






top

about

muegr1 muegr2 muegr3 muegr4 muegr5 muegr6 muegr7 muegr8 muegr9 muegr10 muegr11 muegr12 muegr13 muegr14 muegr15 muegr16 muegr17 muegr18 muegr19 muegr20 muegr21 muegr22 muegr23 muegr24 muegr25 muegr26 muegr27 muegr28 muegr29 muegr30 muegr31 muegr32 muegr33 muegr34 muegr35 muegr36 muegr37 muegr38 muegr39 muegr40 muegr41 muegr42 muegr43 muegr44 muegr45 muegr46 muegr47 muegr48 muegr49 muegr50


デロリンマン(2)

デロリンマンは今日も愛と真実を求めて突き進む。
しかし変わり果て、醜い姿のデロリンマンに、妻ママ子も息子の四郎も気づくわけはなく、冷たい仕打ちを与える…。
そんなデロリンマンを愚かだと見つめる謎の怪人オロカメンとの関係を軸に描かれる、愛と感動の物語!!ママ子と四郎にも、デロリンマンが行方不明になっている三四郎と判る。
しかしデロリンマンは妻子のもとに帰らぬ決心をしていた……。
そんな中、ママ子に再婚話がやってきて…。
 人間の奥底に潜む本音、そして無限の愛を描く「デロリンマン」完結編!!ミキコ、佳子、よしえ。
短大時代の仲良し三人娘は立場は変われど今も仲良し!? 東京の広尾で生まれ育ったよしえと、栃木出身だが代官山のいい家に嫁いで玉の輿に乗った佳子。
一方ミキコといえば、東京生まれのステキな恋人をみつけて、東京で夢のような恋とセックスをするために奔走するのだった。
青山にオフィスを構える外資系企業、秋山商事。
そこの唯一マトモな男性社員中村さんを巡る、ミキコと藤子の恋のバトルもあっさり終わり、藤子は会社を去っていった。
中村さんとの恋愛によって克服したかに見えたミキコの田舎者コンプレックスだったが、やはりミキコの進む道はイバラの道だった…。
母子家庭で育ち、不幸を「売り」にしている夏奈子。
 勉強も家事もデキる優等生だが、彼女には悩みの種が一つだけあった。
 それは母のまき子。
 仕事では数々の伝説を残している超やり手の家政婦だが、家に戻れば一変してダメ親。
 夏奈子は今日も母と悪戦苦闘する日々を送るのであった…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008034



Copyright (c) デロリンマン(2)のページです。All rights Reserved.